静岡県西部

静岡・愛知の工務店・新築・一戸建て・注文住宅・リノベ会社を検索できるくふうイエタテ

注文住宅、リフォーム住宅会社を探す

住宅会社 住宅イベント モデルハウス リノベーション 土地・建売 住まいのプロ 動画 家づくりガイド くふうイエタテカウンター
  1. くふうイエタテ
  2. 静岡県西部
  3. 村木建築工房
  4. リノベ事例一覧
  5. 築30年の価値を未来に受け継ぐ古民家風の木の家
施工対応エリア
湖西~菊川
電話番号
050-5851-0504
ジャンル
新築 、 リフォーム 、 土地相談
資料請求無料 検討会社に追加する

築30年の価値を未来に受け継ぐ古民家風の木の家

O邸  物件エリア:周智郡森町  家族構成:夫+妻+子ども2人
村木建築工房|白と黒を基調とした古民家スタイルの外観は、まるで新築同然の真新しい佇まい。室内に直射日光が当たらないように軒を伸ばしたことで、和の風情が漂う美しい住まいが実現した
村木建築工房|続き間の和室は27畳のLDKに一新。構造のみのスケルトン状態から現代の暮らしに合わせて間取りや設備、内装を大胆にリフォームすることで、新築と遜色のない家に生まれ変わった
村木建築工房|北側にあったキッチンを対面式にしたことで、調理をしながら室内全体や外の景色を見渡せる。ダイニングの奥には、使い勝手のいいサイドカウンターやスタディカウンターが設けられている
村木建築工房|リビングには以前和室にあった欄間をリメイクして再利用。グレーのアクセントクロスや造作のテレビボード、格子のパーティションや、ワイドサイズのスタディカウンターなど、バランスの取れたデザインと配置が落ち着きをもたらしている
村木建築工房|納戸付きの玄関ホール。無節のスギの腰壁やサクラの床と調和した天井など、優美な空間が家族やゲストを迎え入れる。玄関の正面にはディスプレイコーナーを設け、床には黒い玉砂利を敷いて和の情緒を演出
村木建築工房|1階に主寝室を設け、ワンフロアで暮らせる機能的な間取りが実現。紺色のアクセントクロスの前に造作のカウンターを設け、窓側の天井には旧宅の梁をさりげなく意匠に生かしている
村木建築工房|い草の香りが清々しい和室。聚楽壁と板張りの天井、化粧梁がバランスよく調和して、心をなごませる。手の込んだ造作による仏間コーナーもこだわりの一つ
村木建築工房|軒天井を伸ばし、玄関ポーチを格子で囲ってプライバシーを確保。古民家風の外観をいっそう引き立てている
村木建築工房|格子が和の風情を醸す玄関ポーチ
村木建築工房|深い軒を支える等間隔の軒柱が印象的な外観
村木建築工房|水回りは北側に集約し、回遊動線を確保
村木建築工房|玄関ホール隣の納戸など、随所に収納を設置
村木建築工房|室内全体を見渡せる対面キッチン
村木建築工房|内部まで丁寧に造られた仏壇コーナー
村木建築工房|白を基調にした清潔感のあるトイレ
村木建築工房|欄間と造作のTVボードが印象的なリビング
村木建築工房|パッシブデザインで自然な心地よさを実現
村木建築工房|30年間家を支えてきた大黒柱が存在感を放つ
村木建築工房|2階の子ども部屋。床にスギの板張りを採用
村木建築工房|和室に使われていた欄間を再利用したリビング
サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル サムネイル
白と黒を基調とした古民家スタイルの外観は、まるで新築同然の真新しい佇まい。室内に直射日光が当たらないように軒を伸ばしたことで、和の風情が漂う美しい住まいが実現した
続き間の和室は27畳のLDKに一新。構造のみのスケルトン状態から現代の暮らしに合わせて間取りや設備、内装を大胆にリフォームすることで、新築と遜色のない家に生まれ変わった
北側にあったキッチンを対面式にしたことで、調理をしながら室内全体や外の景色を見渡せる。ダイニングの奥には、使い勝手のいいサイドカウンターやスタディカウンターが設けられている
リビングには以前和室にあった欄間をリメイクして再利用。グレーのアクセントクロスや造作のテレビボード、格子のパーティションや、ワイドサイズのスタディカウンターなど、バランスの取れたデザインと配置が落ち着きをもたらしている
納戸付きの玄関ホール。無節のスギの腰壁やサクラの床と調和した天井など、優美な空間が家族やゲストを迎え入れる。玄関の正面にはディスプレイコーナーを設け、床には黒い玉砂利を敷いて和の情緒を演出
1階に主寝室を設け、ワンフロアで暮らせる機能的な間取りが実現。紺色のアクセントクロスの前に造作のカウンターを設け、窓側の天井には旧宅の梁をさりげなく意匠に生かしている
い草の香りが清々しい和室。聚楽壁と板張りの天井、化粧梁がバランスよく調和して、心をなごませる。手の込んだ造作による仏間コーナーもこだわりの一つ
軒天井を伸ばし、玄関ポーチを格子で囲ってプライバシーを確保。古民家風の外観をいっそう引き立てている
格子が和の風情を醸す玄関ポーチ
深い軒を支える等間隔の軒柱が印象的な外観
水回りは北側に集約し、回遊動線を確保
玄関ホール隣の納戸など、随所に収納を設置
室内全体を見渡せる対面キッチン
内部まで丁寧に造られた仏壇コーナー
白を基調にした清潔感のあるトイレ
欄間と造作のTVボードが印象的なリビング
パッシブデザインで自然な心地よさを実現
30年間家を支えてきた大黒柱が存在感を放つ
2階の子ども部屋。床にスギの板張りを採用
和室に使われていた欄間を再利用したリビング

築30年の実家をリノベーションして、新築同様のマイホームを叶えたOさん。建物は構造のみのスケルトンな状態にし、基礎の補強や筋交いを増やすなどして耐震性を強化。屋根には軽量瓦を採用し、元来備わっていた制震ダンパーをより効果的に再利用して、大地震が来ても安全・安心な家に一新した。旧宅は冬の寒さが気になったため断熱リフォームも行い、同社の新築住宅の標準仕様と同等の断熱性能を確保。パッシブデザインを採用し、南面の軒を伸ばして夏の直射日光を遮り、斜めから射す冬の日光を家の中まで取り込むことで、夏は涼しく、冬は暖かい。さらに室内の間取りも一新し、ワンフロアで暮らせるように主寝室を1階に配置。続き間だった和室2間は、明るく開放的な27畳のLDKに。水回りは北側に集約し、和室、主寝室、LDKと回遊できる動線を確保した。自分たちに合ったライフスタイルを楽しみながら、築30年の価値と愛着を未来に受け継ぐ暮らしがスタートした。

リノベーション ビフォー画像

リノベ前の外観。屋根には瓦を使用してあり、建物も老朽化していたため、耐震性に不安があった。そのため、屋根の瓦を軽量瓦に交換し、躯体に耐震工事を施して強度を高める工事を実施
リノベ前の外観。屋根には瓦を使用してあり、建物も老朽化していたため、耐震性に不安があった。そのため、屋根の瓦を軽量瓦に交換し、躯体に耐震工事を施して強度を高める工事を実施

施主さんに聞きました

施主様の写真

読者へのアドバイス

リノベーションは新築以上に設計力と技術力、そして建物の状態を正確に見極める目が必要なので、『村木建築工房』さんのように安心して工事を任せられる工務店さんを選ぶことが一番の成功の秘訣だと思います。

リノベーションしたきっかけは

以前はアパート暮らしでしたが、両親から実家の母屋を譲り受けて住むことに。しかし母屋は築30年で、昔ながらの和室が続く間取りだったため、これからの自分たちの暮らしに合わせてリノベーションを計画しました。

この会社に決めた理由

上質な木をふんだんに用いた家づくりが気に入ったのと、施工実績が豊富で技術力が高く、リノベーションをお願いしても大丈夫だと確信できる住宅会社だったので、工事を依頼しました。

リノベーションでの希望

耐震性の確保と、冬の寒さを解消することが第一の課題でした。また、動線が便利で家事が楽にでき、暮らしやすい間取りに変更することや、木の温もりに包まれた空間づくりにもこだわりました。

この会社でリノベーションしてよかったこと

耐震・断熱・間取り・素材と、どれをとっても満足な家が出来上がり、まるで新築のように快適です。無垢と自然素材に包まれた空間は居心地が最高です。仏間や神棚といった造作家具もイメージ通りに仕上がりました。
スタッフ写真

スタッフからのコメント

築30年のお宅ですが、梁や柱などに良い木材が使われていたため、もとの素材を可能な限り活かすことを前提にリノベのプランをご提案しました。間取りだけでなく耐震性や断熱・気密性能も高めることで、リフォームの省エネ補助金も利用することができました。

代表取締役 村木 幹直さん

新しくした素材・設備など

外部仕上げ(屋根) 軽量屋根瓦(ROOGA)
外部仕上げ(外壁) サイディング
内部仕上げ(床) スギ
内部仕上げ(内壁) クロス
内部仕上げ(断熱材) 吹付けウレタンフォーム
内部仕上げ(柱) ヒノキ
内部仕上げ(天井) スギ
使用メーカー(バス) TOTO
使用メーカー(トイレ) TOTO
使用メーカー(キッチン) LIXIL
使用メーカー(照明) Panasonic
使用メーカー(窓・サッシ) YKK AP
資料・カタログをもらう無料 来店予約をする
お届けするカタログ・資料の内容
資料請求 木の暮らしの魅力、村木建築工房の住宅仕様が詰まったコンセプトブックや、これまで村木建築工房とお施主様で共に建ててきた数々の住宅を施工事例集でお届けします。
資料・カタログをもらう
送付資料

村木建築工房

建てて良かったと実感! 棟梁が建てる「板倉造りの家」
  • 本社所在地 静岡県浜松市中央区豊西町444
  • 施工対応エリア 湖西~菊川
  • 電話番号 050-5851-0504
  • ジャンル 新築、 リフォーム、 土地相談

リノベーションデータ

改修面積
143.25㎡ [43.23坪]
築年数
30年
施工期間
6か月
施工部分
屋根、外壁、玄関、LDK、水回り交換、個室の改装工事、断熱リフォーム、耐震リフォーム
設計者名
村木建築工房
施工社名
村木建築工房
家全体の敷地面積
228.89㎡ [69.23坪]
家全体の延床面積
155.67㎡ [47.09坪]
構造・工法
木造軸組工法

ロード中

家づくりの無料相談・住宅会社紹介
相談カウンター

Pagetop